住宅ローンの返済が困難になった時には

住宅ローンの返済が困難になり、どうしたらいいかわからないと悩んでいませんか。
せっかく手に入れたマイホームを手放したくないという気持ちはわかります。
一方で、収入が減ってしまい、毎月の返済が困難なら何らかの手を打たなくてはなりません。
住宅ローンの返済は20年あるいは30年と長期にわたる場合がほとんどです。
当然途中で返済が困難になることはよくあります。

債務整理 和歌山|債務整理ドットコム

和歌山で借金を債務整理で解決したい方、必見!
債務整理ドットコム[http://hensai-soudan.jp/]は、債務整理によって借金を整理したい方の強い味方。
相談料無料はもちろん、通話料も無料、減額報酬や着手金も無料の事務所も多数掲載されています。
下記は、和歌山で債務整理に強い弁護士・司法書士の一覧です。
http://hensai-soudan.jp/psearch.php?cityid=30&allpg=1
何もしなければ借金地獄は終わりません。
勇気を出して債務整理をすることで借金地獄を終わらせましょう。

早めに手を打つ

何事も早めに手を打つのがいいものです。
その方が対応策の選択肢が増えるからです。
切羽詰ってから対応していたのでは遅すぎます。
まずは法的手続ではない解決方法をご紹介します。

返済額を軽減してもらうよう申請する

銀行と交渉して一定期間だけ住宅ローンの返済額を軽減してもらいます。
短期間だけ何らかの理由で収入が減少した場合、毎月の返済額を軽減してもらうというものです。
ただし、軽減してもらった分は、一定期間終了後に返済することになります。
たとえば、病気や怪我で一定期間仕事ができなかったり、家族が病気のため高額な治療費がかかった場合などに発生する事態です。
月々の出費が増えたことが返済が困難になった理由です。
もっとも一定期間終了後は、返済額は増加するというのは、覚悟しておかなければなりません。
先々の返済のめどが立たない場合には選択すべきではない方法です。

返済期間を延長してもらうよう申請する

銀行との交渉により、住宅ローンの返済期間を延長してもらう方法です。
毎月の返済が苦しくなった時には、まずはこの方法から検討してみるのがおすすめです。
この方法のメリットは、たとえば15年で払うところを20年に延長して返済額を小さくして楽になる点です。
現在の収入では負担が大きいという場合にはとても有効です。
ただし、銀行と交渉して決まることですので、銀行側から提示される条件は充たしていなくてはいけないのは言うまでもありません。
それでは、次章以降では法的な手続についてご紹介します。

このページの先頭へ

イメージ画像